1050円 【日本製】トヨタ 80系 ノア ヴォクシー エスクァイア オプションカプラー ハーネス 電装品の取り付けに 車&バイク カーパーツ 電子パーツ 日本製 トヨタ 80系 ノア ヴォクシー オプションカプラー 発売モデル ハーネス エスクァイア 電装品の取り付けに 1050円,オプションカプラー,ハーネス,ヴォクシー,【日本製】トヨタ,/hyperfunctional1957936.html,電装品の取り付けに,80系,車&バイク , カーパーツ , 電子パーツ,www.libyus.com,ノア,エスクァイア 1050円,オプションカプラー,ハーネス,ヴォクシー,【日本製】トヨタ,/hyperfunctional1957936.html,電装品の取り付けに,80系,車&バイク , カーパーツ , 電子パーツ,www.libyus.com,ノア,エスクァイア 1050円 【日本製】トヨタ 80系 ノア ヴォクシー エスクァイア オプションカプラー ハーネス 電装品の取り付けに 車&バイク カーパーツ 電子パーツ 日本製 トヨタ 80系 ノア ヴォクシー オプションカプラー 発売モデル ハーネス エスクァイア 電装品の取り付けに

日本製 トヨタ 80系 ノア 『1年保証』 ヴォクシー オプションカプラー 発売モデル ハーネス エスクァイア 電装品の取り付けに

【日本製】トヨタ 80系 ノア ヴォクシー エスクァイア オプションカプラー ハーネス 電装品の取り付けに

1050円

【日本製】トヨタ 80系 ノア ヴォクシー エスクァイア オプションカプラー ハーネス 電装品の取り付けに

商品の説明

サイズ:電源取り出しタイプ

電源取り出しカプラー オプションカプラー

【セット内容】
・電源取り出し/オプションカプラー 1個

【商品説明】
◇白色10Pカプラー◇
緑:バッテリー+(常時電源)
橙:イルミ(スモール)
黒/黄:アース、マイナス
青:車速信号(パルス信号)
赤/黒:IG+(イグニッションプラス)
紫:パーキングブレーキONで マイナス
※差し込み先はアクセルペダル付近にあります。

室内でもすぐに各種電源を取得できます。

※オプションの有無によっては既にカプラーが埋まっている場合が有ります。
カプラー形状、カプラーの空き、配線が来ている事等をご確認の上ご検討をお願い致します。
使用されている場合等には使用出来ません。

カプラー・電線等は住友電装製

圧着は端子毎に専用圧着機で圧着しています。ハンド工具は一切使用しておりません。
純正ハーネス作成と同様の手法で、ハーネス工場できちんとした機械で製作しております。
全て国内メーカーの材料を使用しております。製造元不明の材料は使用しておりません。

☆使用用途☆
ETC取り付け
LED増設
レーダー
フットランプ
ウインカーポジション用電源など様々です。


※画像の物は参考画像になります。撮影の為開封しておりますが、新品未使用品を送付させていただきます。
※商品知識のある方・わかる方用です。説明書はついておりません。取り付けサポートなどは一切致しかねます。
※使用しない配線は接触しないように注意して下さい。
※寒冷地仕様・年式・グレード等により使用できない場合、加工が必要な場合もございます。
※保管中、輸送中による細かい傷はご了承ください。
※サイズ、形状をご確認の上ご検討ください。
※疑問点は予めご質問いただけるようお願いします。
※ロット変更などで、商品の仕様が変わる場合が御座いますが、予めご了承ください。


【店舗名】
C.K factory


【営業時間】
平日9:00~17:00

【日本製】トヨタ 80系 ノア ヴォクシー エスクァイア オプションカプラー ハーネス 電装品の取り付けに

東洋炭素のものづくり

元素記号C、原子番号6。私たちの炭素の夢は、未来へと無限に拡がります

自然界に広く分布し、紀元前の昔から利用されてきた炭素。無限の可能性を秘めた炭素に魅せられ、私たちは理想の品質を追求し続けてきました。そして 1974年、日本で初めて等方性黒鉛の開発に成功。以来、炭素の可能性は飛躍的に拡がり、数々の画期的な炭素製品が誕生しました。いまや半導体・宇宙航空用途など最先端テクノロジー分野にも広く採用されています。パイオニアメーカーとしての実績をもとに、私たちの活躍の場は世界規模で拡大しています。さらに創造力を磨き続け、社会に貢献できるグローバル企業をめざして。私たちの挑戦は続きます。

製品情報

暮らしから産業までを支える幅広い事業領域

半導体・自動車・産業機械・家電・医療機器・宇宙航空…これらすべて、東洋炭素のカーボン製品が活躍しています。
東洋炭素のカーボン製品は、創業来着実に活躍の場を拡げてきました。多岐にわたる業界の様々なニーズを結実するべく、気が遠くなるほどのトライアンドエラーを重ねてきた結果、現在では暮らしから産業にまたがる幅広い領域をカバーするに至ったのです。